TOP > 吾妻光良 & The Swinging Boppers
吾妻光良 & The Swinging Boppers

1979年秋、某大学5年に在学中の吾妻光良が「卒業記念に」と、セッションのつもりで結成したJump Blues バンド。
最近、老朽化が目立つも4リズム8ホーンのサウンドは健在。
VIVID SOUNDより、「Swing Back with the Swinging Boppers」、「Hepcats Jump Again」の2枚のアルバム、ビクターから「Stompin’ & Bouncin’」(Oct. ’91)、「Squeezin’ & Blowin’」(Feb. ‘02)、「Seven & Bi-Decade」(Aug.’06)の3枚のアルバムをリリース。
そして2009年1月にHOT RIVER RECORDS より初のライブ盤「Sweatin’ Ballroom」、そして6月にDVD「Stage & Backdoor」(ともに2007年9月に鶯谷東京キネマ倶楽部で行われたライブ)をリリース。
ほとんどのメンバーが他に仕事を持っており、さらに、あまり会い過ぎると仲が悪くなるという理由から、本数はきわめて少ないが、次郎吉、Club Quattro、マウントレイニアなどでたまにライブを行い、親睦を深める。2002年にはFM802 Meet The World Beat、2004年にはフジロック、2007年にはアラバキロックフェスティバル、2009年、2012年にはRising Sun Rock Festival等にも出演している。
2010年には、一部のメンバーが親睦を深めるために、吾妻光良 & The Rocking Calypsonians というバンドも始動。iTunes,レコチョクなどの配信限定で「福田さんはカッコいい」他4曲をリリースしている。(http://itunes.apple.com/jp/album/id354987752)
2013年には、待望?の楽曲“栃東の取り組み見たか”や“誕生日には俺を呼べ”、“Gumbo de Twitter”を含む7年ぶりのスタジオレコーディング盤「Senior Bacchanals」をリリース。各方面話題を呼んでいる。という噂もある。

>> Official Site >> Facebook
AOG MARKETでの販売は終了いたしました
下記オンラインストアをご利用下さい
【SALE!!】¥ 2,500(税込)【定価 ¥ 3,024(税込)
商品番号: HOTRCD-001
発売日: 2009/01/18
  • SOLD OUT!!
  • *本体税抜価格¥2,800
  • *2016/3/4(金)12:00~販売START!!
  1. Things Ain't Waht They Used to Be
  2. 齢には勝てないぜ
  3. 最後まで楽しもう
 ▶全18曲を見る